2017年5月6日土曜日

バイキンマンになりたい

バイキンマンになりたい。バイキンマンってすごい羨ましい生き方してるんじゃないかと最近思い始めてる。

バイキンマンの羨ましい(すごい)ところ

1. 自分で好きなメカを作って生活してる
好きなことだけして生きたい。人に迷惑かけまくろう。

2. アンパンマンに何度倒されても立ち上がる根性
何度倒されて「ばいばいきーん」しても、立ち上がってまた懲りずにいたずらしまくるって情熱がすごい。尊敬する。

3. どきんちゃんがいる(重要)
これが一番重要だけど、どきんちゃんがいるってこと。わがままなどきんちゃん、最高にかわいい。よくよく考えると、幼稚園のころすごく好きだったし、今の自分の好みに影響かなり与えてたと気づいた。

って話を先輩にしたら「TgrRくんは、バイキンマンというより、てんどんまんだよね」って言われました。みんなが泣いているところに能天気に「てんてんどんどんてんどんどん」って来そうって感じらしいぞ。能天気です。

2016年7月12日火曜日

aastex6.clsを追加する

自分用メモ


/usr/local/texlive/p2009/texmf-dist
にあるls-Rで
./tex/latex/aastex:
のところに
aastex6.clsを追加。
なんでrefでハイパーリンクができないかはわからん。

2016年6月3日金曜日

ここ最近見た映画(ズートピア、ユーフォ劇場版とか)の感想

映画見た感想は見終わった後にtwitterに書いてるからチラ裏的な自己満としては満たされてるけど、自分が後で何の映画見たかとかどんな感想だったのかとか忘れないように、と言っても1年近く経ってるのもあるからtwilogとか見ながらだけど、書いておく。

シンデレラがちょうど1年前でそっからほぼ1年で見た映画。
・マッドマックス怒りのデスロード
・ガールズアンドパンツァー劇場版(TOHOシネマズ日本橋と立川シネマシティ)
・King of Prism by pretty rhythm
・ズートピア
・マッドマックス怒りのデスロード(立川シネマシティの激爆)
で映画館行ったのは5回。ケープタウンの行き帰りの飛行機で結構映画見て
・オデッセイ
・レゴムービー
・マネーショート
・レヴェナント
・スター・ウォーズフォースの覚醒
・JOY
・白鯨
の7本。

この中でどれか一本勧めるならズートピア。うさぎのジュディやきつねのニックがかわいいってのもあるけど、ストーリーもいい。基本はジュディとニックのバディ物で陰謀を解き明かすというストーリーだけど、単純にこういう裏があったのねじゃなくてさらにまた謎が出てくるという感じで、先が読めない。ディズニーだから最後はハッピーエンドだけどね。あと、この映画では差別問題についても強く切り込んでて、この世界をよりよくするにはどうしたらいいか、ディズニーからの1つの回答になっていると思う。無意識な偏見、差別される側が差別する側にも変わる、共存していくにはどうしたらいいか。トランプ旋風吹き荒れるアメリカでイスラム差別とかそういう問題が起きている今、このズートピアというそれらの動きに対抗する映画が出てきて、この世界をよりよくしようという意志を感じて、アメリカすごいって感じになる。子どもに見せたほうがいいし、社会問題とかを認識し始める高校生あたりからまた見方が変わる作品だと思う。続編見たい。

マッドマックスは2回見たけど、ストーリーとしては単純だし、自遊空間でも見たんだけど、その時は退屈すぎた。やっぱり映画館でドコドコドコドコの低音が聞こえないとテンション上がらないというか画面に引き込まれないなあって思う。いやストーリー的にもフェミニズム要素というか、支配からの卒業というかそういう社会問題がベースにあって深いんだけど、映画館で見ないと価値が半減すると思う。

ガルパン劇場版も同じで、BD買ったけど、まあ映画館での低音がないと物足りない系の映画だよなあって思う。泣いたとかの感想多いけど、ガルパンは泣かなかった。ストーリーとしてはまとまってるし、いいと思うけどね。

ボロ泣きしたのはJOY。子供の頃はいろんなアイデアを持っていて輝いていた女の人が、結婚して子どもが出来てからは、親の世話、仕事しない夫の分も稼ぐ、子どもの世話もすると輝きを失っているところで、一世一代の発明を商品化して成功するという話。この現状の環境で輝きをうしなっていた女性がまた輝くってところでボロ泣き。なんていうか日本にもこういう女の人結構いるんだろうなーって感想。

あと伏兵だったのがレゴムービー。評判は聞いてたから見たんだけど、面白かった。ストーリーも最後に舞台についてどんでん返しがあって驚いたし、そして何より久しぶりに押し入れにあるレゴをまたいじってみたくなった。あとこの映画がレゴ社の見解かしないけど、昨今のプロレゴビルダーをちやほやするより君たちのひらめきの創造性でレゴを楽しんで欲しいってメッセージだなーって思う。

キンプリは、なんだこれ。。。って感想。いやめっちゃ面白かったんだけど、脳が理解を拒む感じで、エンタメって感じ。

最後に、劇場版ユーフォ。総集編+新規カットだったんだけど、よかったです。主に黒沢ともよ。あと田中飛鳥先輩に捨てられてえってのと特別になろうって感じです。

2016年5月23日月曜日

何に役立つの?という問いに対する個人的な回答になっていない回答

基礎科学に対して「で、その研究が何の役に立つんですか?」という質問がある。もちろん税金をつぎ込んでいる以上、ある程度説得力ある回答が必要で、だいたいは「基礎科学はさらに未来で役に立つ(将来は役に立つよパターン)」「人類の知的活動に我が国が貢献することで誇りになっている(お国の誇りになっているよパターン)」「知りたいという知的欲求を満たすため(人間が人間であるための活動だよパターン)」「何も役に立たないよ(ぶっちゃけパターン)」に分類されると思う。

僕のそれに対する回答になっていない回答は「そんな質問が出る時点で日本は貧しく不寛容になった」。日経ビジネスオンラインの小田嶋隆のコラムのいつかの回で書かれてたことに影響されたけど、「それが何に役に立つかと聞く人間は逆に言うと、役に立たないものは存在してはいけないと思っている」ということ。これはまさにその通りで、何の役に立つのか?って言い換えると、お前存在する価値ある?って聞いてるのと同じ。ただしもちろん、「なぜその研究にお金を使わなきゃいけないのか」という質問に対する回答は上記のようにある程度用意すべきですが。

話を戻してじゃあなぜ「何の役に立つの?」という質問が出るか(前から出ていたかは知らない)っていうとやっぱり経済が停滞して貧しくなって、パイの奪い合いなんだろうなあと思う。余裕がなくなって精神的に貧しくなってる。実際、どこもお金がないという世知辛い話しか聞かない。

それと共に理由としてあると思うのが、自分がわからないものに対する拒絶、不寛容があると思う。
http://www.moae.jp/comic/mangakarestart/17
で、不条理とナンセンスが1995年の阪神淡路大震災とオウム事件、2011年の東日本大震災で世の中のほうが不条理とナンセンスがたくさん起こり、世の中には理由があるというのを求め始めたと言っている。個人的には忠誠を誓ってた会社からのリストラとかバブル崩壊の影響も結構あると思うけど。そのような不条理や理由がわからないものがあふれる世の中で、「役に立つ」というわかりやすい理由が求められているのだと思う。

なんていうか絶望ラジオを特集したドキュメンタリーで言ってた「頑張れない人でも居場所のある社会にしたい」なんだよなあ。何かの役に立たなくてもいいじゃん。

ピングドラムの運命の果実がリンゴな理由

ふと気づいたというか腑に落ちる解釈ができたので書いておきます。
気づいている人もいるかもだけど。


輪るピングドラムでは、運命の果実であるリンゴを一緒に食べることで、運命の乗り換えができる。では、なぜリンゴで一緒に食べることで運命の乗り換えができるのか。

リンゴといえば、旧約聖書のアダムとイブが食べた禁断の果実としてのリンゴが想起される。楽園に住んでいた2人は蛇にそそのかされて、リンゴを食べてしまい、楽園から追放される。そしてこの物語の構図をピングドラムで考えると、筋の通った解釈ができる。

楽園というのはアダムとイブが「父」なる神から与えられた、全てが不自由しない場所である。この関係性、与える「父」と与えられる子どもは、家庭だ。親が子どものために様々なものや環境を与え、子どもが何不自由なく過ごすというはまさに理想的な家庭だ。しかし、世の中はそのような理想的な家庭、家族だけではない。ピングドラムで多蕗やユリのような子どもにとって親と子は、生殺与奪権を持つ「神」と親の理想を実現するための「子羊」でしかない。

彼らにとって楽園は楽園ではなく、もはや逃げ出すべき場所でしかない。唯一逃げ出すことができる方法が、運命の乗り換えができる方法が、禁断の果実を食べ、楽園を追放されることである。禁断の果実を食べると罰を受ける。運命の乗り換えで代償を負うピングドラムも同じだ。

つまり、運命の乗り換えでリンゴを一緒に食べる意味は、2人で罰(または罪ともいう)を分けあうことで、家族という与えられた環境を捨て、新たな環境で生きていくということである。だから、高倉家に新しい環境をもたらす女の子の名前が苹果なのかもしれないと思った。

親の愛の象徴として高倉家の玄関にリンゴが積んであったように、ピングドラムの象徴として出てくるのもリンゴである。上では不幸な家庭の例を挙げたが、幸せな家族だってもちろん存在する。それでも、幸せに思えた愛だって人の拘束装置に変貌しうる。そのような非常時の脱出装置として、お互い分け与えるけども何かがあった時に逃げる(逃げさせる)ために、リンゴが必要だ。だから輪るピングドラムでは、愛の象徴と運命の乗り換えに必要なものは表裏一体で、リンゴとして表されているのだと思う。